二ツ井めぐみ園

法人の沿革

〜平成6年4月〜
知的障害者小規模作業所「二ツ井めぐみ作業所」として発足。
長年知的障がい児者入所施設に勤務してきた一施設職員が、戦後我が国の施設入所(収容とも言われていました)に偏重した知的障がい者福祉に疑問を抱き、障がい者を施設に入れない社会の実現のために微力を尽くす覚悟で、様々な人達のご支援の元、一から始めたところです。
〜平成9年4月〜
無認可で「生活寮」を開設。家庭の事情で在宅が困難になった利用者をボランティアで生活支援しました。作業所利用者の宿泊訓練実施。
〜平成13年10月〜
社会福祉基礎構造改革の流れの中で、「小規模」社会福祉法人格取得、知的障害者小規模通所授産施設「二ツ井めぐみ園」として再出発。
〜平成17年4月〜
知的障害者グループホーム開設(定員5名)
入所施設の経験がない在宅よりの利用者男女5名でホームスタート。
〜平成18年4月〜
知的障害者短期入所事業(宿泊型)事業開始。
〜平成18年10月〜
新体系(障害者自立支援法)に移行、ケアホーム(定員7名)となる。
〜平成19年4月〜
小規模通所授産施設「二ツ井めぐみ園」は新体系に移行し、就労継続支援B型事業所「二ツ井めぐみ園」となる。
〜平成21年4月〜
ケアホーム増改築、利用定員9名となる。車椅子利用者用の2居室、トイレ・浴室等の改修を 行う。
車椅子の方でも可能な限り地域で生活できるように願っています。
障害者自立支援臨時特例交付金により陶芸作業棟新築、生産設備の拡充を行う。
〜平成23年〜
菓子製造所がプレハブから本格建業の建物となる
(障害者自立支援臨時特例交付金による事業)
〜平成24年2月〜
水耕栽培ハウス完成(障害者自立支援臨時特例交付金による事業)
〜平成24年5月〜
ショップ事業「キッチンめぐみ」開店
〜平成26年4月〜
法改正(グループホームとケアホームの一元化)によりグループホーム(定員9名)となる
〜平成27年1月〜
二ツ井めぐみ園指定相談支援事業所を開設
〜平成27年3月〜
第二グループホーム開設、グループホームが2ヶ所になる。この第二GHの認可までは難儀しました。県当局は新規のGHは就労継続支援B型事業所と同一敷地内は不可と。私は同一敷地内でも建物が別個で完全個室がある少人数生活は、大きな集団生活の「施設」とは別物、少なくとも「best」ではないにしても、「bad」ではない、障がい者の人達が置かれている現状では「better」の選択も認めてほしいと訴えました。しかし、県当局の基準省令第140条にある「入所施設」には「就労継続支援B型事業所」も含まれる、との解釈は固いものでした。協議の結果、緊急的な利用者一人分の定員増は認めるがそれ以上は不可と。ただ、空き部屋での短期入所2名は認めてもらいました(その結果、第一GHは定員7、第二GHは定員3・短期入所2になる。私の希望は第二GH定員4・短期入所1でした)。同じ県内でもこの基準解釈が緩いところがあり、またその後国では精神病院での空き病棟をグループホーム等の居住施設に転換することが条件付で認められることになった等、「better」の方向も選択できるようなので、疑問は残ったままである。
・・・その後県の担当者から意見を伺う機会がありました。同一敷地内のGHが不可なのは秋田県ではそうだと(県によって対応が異なるようです)、秋田県でも市町村に権限委譲になっているところは個々の事情を勘案する余地があるようだ、また精神病棟の転換については、平成27年度から6年間の限定的な措置で更新はない、精神障がい者の方達の社会復帰が遅れているための特別の対応だと。・・・
〜平成28年3月〜
平成27年の国の補正予算で第一グループホームの建替え工事が開始になりました(工期は平成28年3月〜7月)。この建物は、元々は昭和50年ころに古材で建てられた納屋(牛舎に付随した干草等の資材置場)であったものを、平成9年に生活寮(居室6室)に改築したものでした。施設通所者の宿泊訓練等を通して、平成17年に正式にグループホームとして発足しました。障害者自立支援法施行以前でしたので建築確認書もありませんでした。防火壁も耐震補強も、ましてやスプリンクラーもありません。その後社会情勢の変化により消防法も厳しくなり、今の建物はグループホームとしての基準を満たしていないということで今回建替えに至った次第です。当法人は昔も今も「施設に入らない」が唯一無二のモットーですので、贅沢する気は毛頭ありません。「埴生の宿も我が宿」のスタンスで、バス通りから農道をしばらく入った、杉林と裏山を背負った土地と、古い建物で施設作りを開始したものでした。グループホームも利用料は極力低額にしました(高くするとグループホームを利用しない、そして将来は施設入所となります)。そして10年近く経って、いよいよ現在の基準に適合する建物に立て替えることになりました。安全で快適な建物になるのですから、素直に喜んでいます。ただ、建築には相応のお金がかかります。苦労して蓄えたお金も殆どそれにつぎ込まざるを得ませんでした。不足分は借入です。その返済や、今後の財政基盤の強化のために、今回グループホームの利用料を値上げせざるを得ませんでした。5名でスタートしたグループホームも11年を迎え、2ホーム体制、利用者も10名になりました。この10年間で利用者さんとそのご家族とは信頼関係を築けたと思っています。利用料の値上げは全員承諾してくれました。

☆第三グループホーム創設計画
社会福祉法人清水基金より平成27年度助成として700万円を頂くことができ、第三グループホーム創設を計画しています(工期は平成28年7月〜9月)。それによりグループホームの利用定員は4〜5名増やすことができます。現在は定員が一杯のためグループホーム利用希望者には第三グループホームができるまでの間は短期入所を利用してもらっています。 数年中にはこのグループホームも満杯になるかも知れません。四つ目のグループホームも構想しておかなければならないかと思っています。
〜平成28年4月〜
就労継続支援B型事業所(定員20名)から多機能型事業所(生活介護定員10名+就労継続支援B型定員14名)になる。

〜平成28年7月〜
懸案の第一グループホームの建替工事が7月10日に完了しました。(旧)第一グループホームは畜舎に付随した資材置場を改築したもので、国の安全基準を満たさないため早期の改善を迫られていたものでした。国庫補助で対応して頂きましたが、グループホーム開設11年目で大事業を完遂できた思いです。8月3日に引っ越し、利用者さん達は安全で快適な建物で日々暮らしております。

〜平成29年2月〜
清水基金助成(700万円)を元に建築した第三グループホームがオープンしました。場所は第一グループホームの真向かいです。居室は5室(六畳間押入付き)。中・軽度者用のグループホームで、現在3名の方が利用しています。
 

情報開示

平成28年度 現況報告書・決算報告書の開示

平成28年度の現況報告書、資金収支計算書、事業活動計算書、貸借対照表を開示します。

平成27年度 現況報告書・決算報告書の開示

平成27年度の現況報告書、資金収支計算書、事業活動計算書、貸借対照表を開示します。

平成26年度 現況報告書・決算報告書の開示

平成26年度の現況報告書、資金収支計算書、事業活動計算書、貸借対照表を開示します。

 

補助事業概要の広報資料

補助事業番号  28-2-042

補助事業名   平成28年度 福祉車両の整備 補助事業

補助事業者名  社会福祉法人 二ツ井めぐみ会

1 補助事業の概要

(1)事業の目的

施設利用者の送迎、施設の生産物の販売活動、各種イベントへの参加、グループホーム利用者の買物指導等に、安全で安心な車両を使用することにより障害福祉サービスの向上を図る。

 

(2)実施内容

送迎車4【特別装備なし】

車両側面
車両側面
車両後方
車両後方

2 予想される事業実施効果

今回の送迎車の整備により以下の効果が期待され、当法人が提供する障害福祉サービスの質量両面の向上が可能となると思われる。

(1)老朽化した車両に代わり安全で快適な送迎が可能となる。

(2)今後の利用者増の送迎に対応できる。

(3)各種イベント等の販売活動で人員と物資を容易に移送できる。

(4)グループホーム利用者の買物指導やレクレーションに安心して利用できる。

3 印刷物等

本事業に係る印刷物等

4 事業内容についての問い合わせ先

団体名 社会福祉法人二ツ井めぐみ会(シャカイフクシホウジン フタツイメグミカイ)
住所 〒018-3103 秋田県能代市二ツ井町荷上場字グミノ木171番地
代表者理事長 工藤 憲(クドウ ケン)
担当部署 法人事務所(ホウジンジムショ)
担当者名施設長 工藤 正喜(シセツチョウ クドウ セイキ)
電話番号 0185-73-4070
FAX 0185-73-4070
E-mail bfmww384@ybb.ne.jp
URL http://www.futatui-megumien.org/